新たな芽も開き始めています・・・

えほんのたねプロジェクトがスタートして以来、様々な温かい声援を頂いてきましたが、その中でも贈る側の私たちも楽しい!という声も頂きます。これは、私たちにとってもとても嬉しいことです。
このプロジェクトを立ち上げた時、こちらで育つ子どもたちへの思いと共に、絵本を寄贈していただける皆さんにとっても楽しくなるようなプロジェクトにしたいとの思いがありました。

また、それと同時に私たちの秘かな思いとして・・デンマークの方たちにも喜んでもらえるような芽が出たらいいなという思いがありました。

このプロジェクトの特徴でもあるように、皆さんから寄贈いただいた絵本は、デンマークの図書館に登録され、その後、海外児童書コーナーに置かれます。

このコーナーは、確かにデンマーク語の児童書コーナーから少し離れたところにあるのですが、デンマークの人たちが手にとることも充分に可能な場所にあるのです。

もちろん日本語なので、読める人は少ないかもしれません。
でも、もしかしてデンマークの子どもたちの手に渡ることもあるかもしれない・・・
(私も子どもの頃、読めなくても海外の絵本を手にとった時には、不思議な気持ちがしたものでした。)
そこから広がる芽もあるかもしれない・・・そんなことを秘かに考えていました。
(実際、目録を作ってドーテさんに絵本を手渡すとき、ドーテさんは日本語はわかりませんが、笑顔で絵本をめくりながら、“かわいい”などとつぶやいてくれます・・)

すると先日、デンマークで日本語を勉強している方が図書館を訪れ、日本語の絵本が置かれていることに感嘆されていたということ。更には“日本語の児童書もあるのですか?”と質問をされ、クラスのみんなにも早速伝えると話していた・・・という近況をドーテさんが伝えてくれました。

実は絵本だけではなく、児童書は寄贈できないの?もう少し大きい子どもたちの読む本も必要ではないですか?という声は寄贈いただく方からも寄せられていました。
(そして実際、寄贈もいただきました。)

私たちにも、もともとは絵本と同じように児童書も子どもたちに届けたいという思いがありました。しかし実際、どこまでデンマークの図書館が受け入れ可能かが予想できなかったのです。

しかし、たね日記でもお伝えしているように、寄贈いただいた絵本は今、すごい勢いで借りられています。
これは多分、デンマークの図書館の方々も予想していなかった動きでした。
実際このプロジェクトのお話を持っていく前は、日本語書籍の需要は低いということで日本語の絵本・児童書は置かれていなかったのです。

ところがふたを開けてみると、その需要率はかなり高い・・

今では、図書館の方からも日本語の児童書籍は今後かならず必要とされてくるというお言葉を頂きました。

皆さんから贈られた“えほんのたね”は、まだまだたくさんの可能性を秘めているようです。
そして今後は、日本にルーツを持つ子どもたちだけではなく・・デンマークの人たちにも新たな“たね”をまいてくれることになりそうです。

これからも“えほんのたね”からどんな芽が開いていくのか・・・
楽しみに見守っていただけたら幸いです。

そして、改めましてですが、児童書の寄贈も喜んで受け付けます・・!

えほんのたね100コ

えほんのたねのHPをオープンしてから、約4ヶ月。
ついには寄贈いただいた絵本は100冊を超えました。
みなさま、本当に心からありがとうございます!
届いた小包を開けるたびに、この絵本を選んでくださった皆さんのお気持ちを思い、胸が熱くなります。
またこの絵本をこれから手にする子どもたちの笑顔を思うと、幸せな気持ちになります。

皆様、本当に温かな思いをありがとうございます。
これからもどうぞ“えほんのたね”の成長を一緒に楽しんで見守っていただけると幸いです。
そして私たちも、いただいた“たね”を大切に育んでいきたいと思います。  

あなたの絵本は今どこに?

昨日、また新しいえほんのたねがデンマークに届きました。
ついに、えほんのたねは98コ(冊)という数字に達し、
3ケタまであとわずかとなりました。
プロジェクトにご参加いただいている皆さま、ありがとうございます。

さて、今日はコペンハーゲン中央図書館のサイトで、
みなさんがお送りくださった絵本の検索方法をご紹介します。

本棚に並んだ後、どうなったのかなぁ、今借りている人は
いるのかなぁと思われたら、こちらからそれを調べていただくことが
できます。

また、デンマークに暮らしている方は、蔵書リストで見つけた
絵本を予約したり、貸し出し中かどうかを調べたりすることも
できます(コペンハーゲンコミューン以外にお住まいの方は
www.bibliotek.dkからお調べください)。

まずは、コペンハーゲン図書館のHP
http://www.bibliotek.kk.dk へ。

そのトップページ(写真)の上左側にある検索欄に、タイトルを
ローマ字で入れます。たとえば、”Karasu no panya”

 

 

 

 

 

すると、下に予測が出てくるので、”Karasu no panya-san” と出たものを
クリックすると、タイトルが現れます。

そのタイトルをクリックすると、その本の現在の状態(貸し出し中かどうか)
がわかります。その画面がこちら↓

 

 

 

 

 

紫色で”reserveret”と出ているのは、現在予約が入っていますという意味。
貸し出し中の場合は”udlånt” 現在図書館にある場合は”tilgængelig”
という表示になります。

(SA)

さらにさらに・・・

今朝ドーテさんから届いた、えほんのたねの貸し出し状況です。

登録済み29冊中、21冊が貸し出し中、さらに8~10冊には予約もついているとのこと。
たくさんのえほんのたねたちが、引き続き子どもたちのもとへ届いています。

(SA)

続々と貸し出し中です

先日、中央図書館のドーテさんから私たちのもとに
メールが届きました。

メールには、現在29冊の絵本が図書館に登録されていること、
そのうちの14冊が現在貸し出し中であること、そして
さらに7冊が近日中に本棚に並ぶ、とのことでした。

さらに、デンマークに暮らすある日本の女性が、絵本を一冊寄贈して
くださったとのこと。目録情報の翻訳があるので、その絵本を
取りに来てくれる?ということでした。

そこで、早速図書館へ。

3階の児童図書館で、まずはJAPANSKの棚の絵本たちが
どんな様子なのかを見に行きました。

全部で29冊が登録されているというお話だったのですが、
その日、棚に残っていたのは10冊のみ。
つまり、ドーテさんからのメール以降もまた貸し出しは
続いていて、19冊もの絵本が図書館から子どもたちのもとへ
届いているようでした!

デンマーク在住の方から、予約してもなかなか届かない・・・
というお話もちらりとうかがっています。

中央図書館から他の市への配送は、同じ市内の図書館への
配送よりもさらに時間がかかることがあります。
気長にまっていただけると幸いです。
また、首都近郊にお住まいの方は、コペンハーゲンに
出てくるついでがあれば、ぜひ中央図書館へ足を運んで
いただけたらと思います。3階(デンマーク式で2階)
の児童図書館の、外国語絵本コーナーの奥の方に、
ひっそりと、日本語絵本の棚があります。

そしてそして。
図書館に「はだかの王さま」を寄贈してくださった方。
本当にありがとうございます!
現在目録作成の準備中です。作成ができましたら、図書館へ
また届けさせていただきますね。
お名前がありませんでしたが、もし、お名前をご記入されたい
と思われましたら、えほんのたねまでメールいただけると
幸いです。ありがとうございます。

(SA)

1冊からでも。。

日本のあちこちから、えほんのたねプロジェクトにご参加いただいています。
送っていただく絵本、5冊や10冊、時には20冊近くを
まとめて送ってくださる方もいらっしゃいます。
届いた箱を開けて、たくさんの絵本と対面する瞬間は、
なんとも言えない、ただただ喜びでいっぱいの気持ちになります。

お子さんと、またご自身で、楽しんでこられた絵本を
今度はデンマークで暮らす子どもたちが引き継げるように、という
思いをこめて送っていただいた絵本。
そんな、送ってくださる方々からの温かい気持ちを、
感じながら、目録作業をしています。

そんな温かな気持ちは、もちろん、たった1冊の絵本からでも
十分に伝わります。

先日、私の母が、えほんのたねに絵本を1冊寄贈して
くれました。
それは、以前、母が私の娘に買ってくれたもので、
娘がとても気に入っている絵本と同じものでした。

娘が大好きな絵本が、デンマークに暮らす他の子どもたちにも
気に入ってもらえたら、、という思いで選んでくれたのでしょうか。
とても嬉しくなりました。

絵本は1冊からでも送っていただくことができます。
大好きな絵本というのは、とっておきたいと思うことも多いもの。
お持ちの絵本でなくても、それと同じものをもう1冊購入して
いただいて、ゆーっくり、船便で送る、という方法もあります。

SAL便や船便ですと、料金も比較的安く送れます。

デンマークで暮らしている方も、よかったら一年に一度の
日本帰省の際に、お気に入りの絵本を1冊だけ、本屋さんで
買って図書館までお持ちいただけたら・・・

ご自身やお子さんのお気に入りの絵本が、
デンマークで暮らす他のお子さんのもとへと届き、
そのお子さんたちの笑顔につながる・・・。
同じ環境で子育てしている方々と、
絵本を通じてつながっていけるのではないかなあと思います。

1冊からでも。
えほんのたねを一緒に育てていきませんか。
(SA)

絵本が登録されました

みなさま、ご無沙汰していました!
今年もどうぞよろしくおねがいいたします。

さて、スタッフがデンマークから離れていた間に、
コペンハーゲン市図書館の目録部門の皆さんは、
頑張ってくださっていたようです。

1月の間に、17冊の絵本が新たに
登録されました!

そのうち6冊は現在既に貸し出し中です!

蔵書リストにて、どの本が貸出可能かを
見ていただくことができます。

タイトルから◎マークが外れていたら、
貸し出し可能ということになります。

また今年も少しずつえほんのたねが増えて
いくのを、ワクワクしながら見守っていきたいと
思っています。
(SA)