蔵書がまた増えました

お久しぶりです。

先日、コペンハーゲン中央図書館へ行ってきました。
日本語の本は棚が5段になっていました!
2011年にたった2冊で始まった頃に比べると、
この日本語の棚も本当に大きくなりました。

ちょうど外国語の本担当の司書さん、ドーテさんがいらっしゃったので
近況をうかがったところ、また新たに本が本棚にならんだとのこと。
HPを確認したところ、以下のタイトルが本棚に並んだようです。

十三湖のばば
東京からきた女の子
一どだけ ばけたコン吉
ぼくの犬キング
すっとび ぎつね
アリの子ツク
いたずらぎつねおさん
小さい魔女
マコチン
ピーターのてがみ
きかんしゃ1414
子ぎつねレッドの大しっぱい
こぎつねコンとこだぬきポン
ゆみ子とつばめのおはか
たねから めがでて
みほちゃんのクリスマス
ボビのふしぎな発明
もん太と大いのしし
だるまさんが
だるまさんの
にんぎょひめ(世界アニメ絵本シリーズ)
ピーターパン(世界名作アニメ絵本)
ながぐつをはいたねこ(世界名作アニメ絵本)
つるのおんがえし(日本昔ばなしアニメ絵本)
るすばん先生
五ひきの子ねこ
バムとケロのもりのこや
バムとケロのおかいもの
もったいないばあさんがくるよ!
ゆめのこうま(アンパンマンのこもりうた4)
あなたが守る あなたの心・あなたのからだ
忍たま乱太郎 宝のタマをさがせの段
ひとりぼっちのさいしゅうれっしゃ

この中には小学校中学年以上向けの本もたくさん入っています。
さらに、「おひさま」というお話雑誌のバックナンバーもあります。
また、比較的新しい「バムとケロ」シリーズや
「だるまさん」シリーズなども新たに並んでいますので、
ぜひご利用くださいね。

コペンハーゲン中央図書館、児童書コーナーにある日本語絵本・児童書の棚

コペンハーゲン中央図書館、児童書コーナーにある日本語絵本・児童書の棚