7月•8月の新しい本

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
今年のデンマークの夏は珍しく暑い夏となりましたが、少しずつ冷たい風も吹いてきました。
日本はそれ以上に暑い夏だったと思いますが、災害のニュースなどもこちらに届いており、胸が痛みます。
季節も変わり目の時期を迎えていると思いますが、どうぞご自愛ください。

今月は二ヶ月まとめての更新となります。

赤ちゃんにおくる絵本1
赤ちゃんにおくる絵本2
いちごばたけのちいさなおばあさん
きょうのおべんとうなんだろな
3びきのこぶた(ディズニー名作ゴールド絵本)
3びきのくま
つるのおんがえし(偕成社)(2)
どうぶつのおやこ

その他、以前にもご紹介したかもしれませんが、ぐりとぐら、きんぎょがにげた、の絵本はそれぞれ3冊ずつ寄贈いただいていたのですが、現在は全てが本棚に並んでいるようです。
また上記の本の中で、赤ちゃんにおくる絵本1、きょうのおべんとうなんだろな、は既に貸し出しをされていました!
早速皆さんのお手元に届いているのだと思うと、とても嬉しい気持ちになりました。

今後とも引き続き、様々な絵本を楽しく借りていただけると嬉しいです。

【対象年齢、あらすじ等】
コペンハーゲン図書館のホームーページ、bibliotek.kk.dkで、本のタイトルを検索すると、対象年齢や本のあらすじ等もご覧いただけます(デンマーク語のみ)。日本語であらすじ等を調べられる場合は、アマゾンや絵本ナビのホームページからご覧ください。

【コペンハーゲン市以外の図書館にも取り寄せも可能です】
コペンハーゲン中央図書館に直接本を借りに行けない場合は、bibliotek.dkのサイトから本を予約し、お近くの図書館まで届けてもらえるというサービスもありますので、ぜひご利用ください。返却も同じ図書館となります。詳しくはこちらのページをご覧ください。

図書館のHPで、えほんのたねの活動が紹介されました

昨年11月に行った、えほんのたねお誕生日会の様子が、写真付きで図書館のHPで紹介されています!

デンマーク語での記事ですが、内容は、えほんのたねとコペンハーゲン中央図書館との協力がまる2年を迎え、イベントを行ったこと、そして現在、250冊ほどの日本語の絵本・児童書が、図書館で借りられる、というものです。

デンマーク語ですが、ぜひ日本からえほんのたねの活動にご参加いただいている方々にも見ていただきたかったので、こちらでご紹介させていただきました!

こちらからご覧ください

明けましておめでとうございます

デンマークも日本より8時間遅れてですが、新しい年を迎えました。
日本の新年は、除夜の鐘とともに静かに厳かに迎える感じがありますが、デンマークでは各家庭でも花火を打ち上げ、にぎやかに迎えます。
昨夜もたくさんの花火が打ちあがっていました。

どうぞ皆様の新年も素晴らしい年となりますように。
そして去年一年もあたたかい応援をどうもありがとうございました。

本年度は、また少し新しい形の“えほんのたね”となるかもしれませんが、どうぞ今年もよろしくお願い致します。

えほんのたねお誕生日会②

こちらは当日の様子です。
折り紙のテーブルには、このようにたくさんの方々が・・・

2013-11-16 14.40.18

大人たちも子どもたちも、皆さん、真剣です。
ボランティアの方に習いながら、お父さんやお母さん方もお子さんたちと一緒に折っています。

2013-11-16 14.32.07

 

色んな折り紙に挑戦する子どもたち、また何とか最後まで自分で折りたい!とがんばる子どもたちもいました。
作った折り紙は、犬や、サンタさんや、トトロなど・・
できあがると嬉しそうにペンで顔を書いていきます。

 

そしてこちらは、読み聞かせのお部屋です。

2013-11-16 14.10.03

読み聞かせの前に、少しえほんのたねの成り立ちと、この図書館にある日本語の絵本たちがいろんな方々の思いによって贈られたものだということを、お伝えしました。

本当に、贈ってくださった皆さまのお気持ちで、このような会を開くことができたと思っています。

当日は、私たちにとっても初めての試みだったので、いろいろと手探りの中、準備を進めてきました。
反省点もあったりするのですが、まずはこのような会を開くことができたこと、そしてこの会に携わってくださった(寄贈してくれた方々も、会に参加してくれた方々も・・図書館の方、ボランティアの方々も)全ての皆さんに感謝したいと思います。

 

そして先日もお伝えしたように、読み聞かせの後も、絵本を手にとってくださるご家族の方がたくさんいらっしゃいました。
寝る前には、必ず子どもさんたちに日本語の絵本を読むので、こんなに絵本があるのは嬉しいです・・と話してくださったお母さんもいらっしゃいました。
今後も、贈っていただいた“えほんのたね”が、たくさんの子どもたちの手に渡っていくことを願っています。

そして今回の試みが、デンマークの方たちにとっても、日本語の絵本や日本の文化に触れる機会となったらなとも思っています。

 

デンマークにまかれた“えほんのたね”から、今後も色んな花が咲きますように・・・。

 

みなさま、本当にどうもありがとうございました。
感謝いっぱいの素敵なお誕生日会となりました。

 

 

えほんのたねお誕生日会①

16日は、ついにえほんのたねプロジェクト2歳のお誕生日会が開催されました!
夏ごろから、ずっと準備してきたお誕生日会です。
私たちスタッフもドキドキで当日を迎えました。

イベントは14時からの開催だったのですが、13時半にはもうたくさんの方々が・・・

早速、皆さん、折り紙のテーブルへ集まってこられます。

折り紙のテーブルには6人ものボランティアの方たちが待機してくれていたのですが、
このボランティアの方たちも、本当に当日まで色んな折り紙を練習してくださっていて、会を盛り上げてくださいました!

 

そして、14時からがいよいよ絵本の読み聞かせです。
デンマーク語と日本語で読み聞かせるという初めての試み。
日本語がわかる子どもたちにも、そうでない子どもたちにも、言葉の違いや、響きを楽しんでもらえたらなと。。

選んだ絵本は“しろくまちゃんのホットケーキ”と“まるまるまるの本”。
しろくまちゃんのホットケーキは、なんとスタッフのデンマークの友人がデンマーク語に訳してくれました!

 

ホットケーキが焼けるまでのページでは、
しゅっ、ぺたん、ふくふく、くんくん・・など
日本語の言葉とデンマーク語の訳に、デンマークの方たちからもくすくすと笑い声が・・

まるまるまるの本では、みんな子どたちも大人たちも一緒に、5回クリックしてくれたり、ふーって黒を吹き飛ばしてくれたり・・・

皆さん、一緒に盛り上がってくれました。

 

そして、絵本の読み聞かせが終わった後は・・・
スタッフで寄贈いただいた絵本を、いろいろと本棚から並べてお話会のお部屋に展示していたのですが、小さいお子さんづれの方たちが、楽しく絵本を見てくださっていたり・・

そしてお話会のお部屋では、まあるい小さな座布団に座って、こどもたちがお話を聞いてくれたのですが、終わった後もその座布団に座ってお母さんが2人の女の子に読み聞かせをされていたり、または本棚の近くに座って、お父さんがお子さんに絵本を読んであげていたりと、それぞれ皆さんが絵本を楽しんでくださっているようでした・・。

 

(続く)

300冊を超えて~寄贈受け付け一時休止のお知らせ~

2011年から始まったえほんのたねプロジェクトですが、現在寄贈いただいた絵本・児童書はついに300冊を超え、図書館の日本語書籍の本棚も3段となりました。
スタッフもまだ全ての本に追いつけてはいませんが、一冊一冊、目録作成作業に励んでいます。

そのような中、今まで寄贈いただいた絵本たちが、どのようにデンマークで借りられているのか、また今後所蔵をどのようにしていくのか、ということなどを改めてもう一度図書館の方々と話しあっていくことになりました。

そのため、所蔵が300冊を超えた現在、一度寄贈の受け付けを休止し、今後のえほんのたねプロジェクトの方向性を探っていくこととなりました。

たくさんの応援をいただいている中、寄贈の受け付けを休止するということは、淋しい気持ちと、突然のことに驚かれている皆様もいらっしゃるのではないか・・という申し訳ない気持ちでもいっぱいなのですが、まずは、これまで応援してくださった皆様の温かい思いにより紡がれた“えほんのたねプロジェクト”の第一章が幕を閉じ、また新たな“えほんのたねプロジェクト”の第二章が始まるまでの準備期間だと考えていただければ、スタッフ一同大変嬉しく思います。

また寄贈の受け付けは一時休止いたしますが、引き続きたね日記では、プロジェクトの様子もお伝えしていきますので、今までどおり楽しんでえほんのたねを見守っていただけると幸いです。
(えほんのたねお誕生日会への準備も進めています!)

また新たな始まりで皆様と出会えますことを私たちも心より楽しみにしています。
2013年10月

デンマークの図書館で

写真 (7)

 

こちらが最近の日本語書籍の本棚です。
他の国の言語と並んで、なかなかの存在感を放っていました!

三段ともなると、そこはちょっとした日本語空間・・・
まさかデンマークの図書館で、こんな空間に包まれるとは・・

それと同時に本棚から、それぞれの絵本を贈ってくださった皆さんのお気持ちを感じました。
日本とデンマーク、さまざまな場所から贈られた絵本たちが仲良く一緒に並んでいます。

本棚から溢れ出るあたたかいエネルギーに思わず涙が出そうになったスタッフです。

この“えほんのたね”たちがずっとずっと子どもたちに読み継がれていくことを願ってやみません。

6月の新しい本 その2

6月も、もう終わりですが、ずっとお待たせしていた絵本たちがまたまた新しく本棚に並びましたのでお知らせいたします。

ぶーぶーじどうしゃ
あかいくるまのついたはこ
あひるのジマイマのおはなし11(ピーターラビットの絵本4)
がんばりやのかめトランキラ
ぐりとぐら(2)
ちょっとだけ
ねないこだれだ(新しくもう一冊)
ひさの星
まるさんかくぞう

「まるさんかくぞう」の絵本は、直接図書館にお持ちいただいたようです。
この場を借りて御礼を申し上げます。
ありがとうございました。

6月になりました

2013-05-24 10.56.16

デンマークは明るい陽の照る毎日です。
さて、先日えほんのたねスタッフが図書館を訪ねると日本語書籍の棚がこのように!

プロジェクトのはじめは、

この2冊の絵本からでした。
それから、こんなにたくさんの“えほんのたね”がこの本棚に贈られました。
皆さんからの想いのつまった“えほんのたね”。

私たちスタッフも、目録作りに思いを込めました。
そしてその絵本を一冊一冊分類しながら登録してくださっている図書館の方々。

皆さんの想いは、確実にデンマークへと届いています!

そしてここから、皆さんの“えほんのたね”が子どもたちの手に、そして時にはデンマークの方たちの手にも渡っていっています。

みんなの想いでできている本棚です。

 

 

3月11日

11日はデンマークでも震災時の番組が改めて流れていました。
離れているからこそ見えてくるものや、生まれてくる思いもあります。

どうか日本の皆さんが、あたたかい気持ちで日々を過ごされていますよう。
そして改めて亡くなられた方々のご冥福と、被災地の皆様が安心して毎日を過ごせる日々が戻りますことを心よりお祈り申し上げます。