5月の新しい本

今月新しくコペンハーゲン中央図書館の本棚に並んだ本のタイトルです。

レーネとドロムレ
雪の女王
いっすんぼうし
おおきなかぶ
りゅうになりそこねたハブ
11ぴきのねこ
ももいろのきりん
赤いくつ(女子パウロ会)
イエスさまがかざったふゆ
きんたろう
いのちのまつり
しらゆきひめ
マッチうりの少女(ポプラ社)

今月も、たくさんの本が図書館の本棚に並びました!
これらのタイトルをえほんのたねスタッフが図書館のホームページで発見する以前に、
すでに図書館で手に取って借りてくださっている方もいらっしゃるようです。
ありがとうございます!

「雪の女王」は、日本でも最近人気のアナと雪の女王のもととなったお話です。
ただこの絵本は、オリジナルのお話をかなり簡略化したものとなっていますのでご注意ください。

4月の新しい本

今月新しく図書館の本棚に並んだ本のタイトルです。

うさぎのパンやさんのいちにち
マッチうりの少女(金の星社)

今月はこの2冊です。

「うさぎのパンやさんのいちにち」
「だるまちゃんとてんぐちゃん」などでおなじみ、加古里子さんの作品です。
この本では、日本のパンだけでなく、北欧で日常的に食べられている黒パンやknekkebrødなども紹介されていて、楽しい絵本です。

【対象年齢、あらすじ等】
コペンハーゲン図書館のホームーページ、bibliotek.kk.dkで、本のタイトルを検索すると、対象年齢や本のあらすじ等もご覧いただけます(デンマーク語のみ)。日本語であらすじ等を調べられる場合は、アマゾンや絵本ナビのホームページからご覧ください。

【コペンハーゲン市以外の図書館にも取り寄せも可能です】
コペンハーゲン中央図書館に直接本を借りに行けない場合は、bibliotek.dkのサイトから本を予約し、お近くの図書館まで届けてもらえるというサービスもありますので、ぜひご利用ください。返却も同じ図書館となります。本のタイトルの検索は、ローマ字で行ってください。

対象年齢で分けてみました

おかげさまで、全寄贈書数が300冊を超え、貸出可能なタイトルも200タイトルを超えました(2014年4月現在。同じタイトルで複数ある本もあるので、実際は200冊以上!)。

これまで、貸出可能なタイトル一覧は五十音順で作成していましたが、もっと本を見つけやすくしたいとの思いから、この度、対象年齢ごとにグループ分けしてみました。

0歳から1-2歳児向け
2歳から4歳児向け
4歳から6歳児向け
6歳から小学校低学年向け
小学校中学年以上向け
小学校高学年以上向け
一般向け

に分類しています。
上のカテゴリー「蔵書リスト」の下に、「0歳から就学前まで」「6歳から小学生・一般向けまで」としてページを作りましたのでご覧ください。

ただ、本とお子さんとのマッチングは、人それぞれ違います。

3歳でも、1~2歳児向けの本を楽しいと思うお子さんもいれば、4・5歳児向けの本を読んでもらう方がずっと面白いと思うお子さんもいます。昔話や方言で書かれた本などは、対象年齢に合っていても内容的に難しい場合もあります。

また、小学生になると、自分で読める本として借りるか、読み聞かせをしてもらう本として借りるかによって幅もあります。

さらに、書籍データで示された対象年齢は、日本で、日本語環境で育つお子さん向けであるため、デンマークで暮らすバイリンガルのお子さんには当てはまらない場合もあります。

今回、本を見つけやすくする目的で、年齢グループごとに分けてみましたが、あくまでも目安としてご覧いただいて、お子さんの年齢の前後のグループも合わせてご参照いただければと思っています。

えほんのたね、届いています!

今日は、図書館から本を借りられた敦子さんからの声をご紹介させてください。

『娘がようやくストーリーを理解できるようになってきたので
初めてネットで予約し、地元の図書館に届けてもらいました。

この本は、私が数年前に縁あって一緒にお仕事をした方が
送ってくださったもの。デンマークの子供たちへの心温まる
直筆のメッセージも書かれていて、じーんとしてしまいました。

プロジェクトを運営し、事務仕事をこつこつとこなして
田舎に住む私でもネットで予約し、借りることができる手はずを
整えてくださった皆さんに感謝します。そして、本を寄贈して
くださった皆さんにも。

これからも、どんどん借りて読み聞かせます!』

日本から届いたえほんのたねは、こんなふうに、デンマークのあちこちに暮らす方々やそのお子さんたちに届いています。
嬉しいお知らせをいただいたので、ぜひ皆さまにもお届けしたく、ご本人にも快諾いただきましたのでご紹介させていただきました。

3月に本棚に並んだ本

3月に入り、デンマークでも暖かな春の日差しが感じられるようになりました。
今月末には夏時間に切り替わり、日没がさらに遅くなります。
日本との時差は、現在の8時間から7時間となります。

さて今月早々、なんと20冊以上もの絵本・児童書が、新たに、コペンハーゲン中央図書館の本棚に並びました!
今回は、小学校中学年向けの児童書や、読み聞かせ向けの児童書等も入っています。
もちろん、小さいお子さん向けの絵本も届いています。
以下、新しく本棚に並んだ本のタイトルです。

ちいさなサンタさん
わらべうたえほん ととけっこうよがあけた
どろんここぶた
ゆきんこ
くずのはやまのきつね
ふたりはともだち
カメレオンのレオン
かいけつゾロリのにんじゃ大さくせん
かいけつゾロリのようかい大リーグ
プカプカチョコレー島
ノンタンおやすみなさい
でんぐり でんぐり
まねっこ まねっこ
にんぎょひめ(永岡書店)
5つのおくりもの
キツネ山の夏休み
ぷっぷとすなばのおともだち
はるまでおあずけ
おかあさんのたんじょうび
おしいれのぼうけん
シンドバットの冒険

【対象年齢、あらすじ等】
コペンハーゲン図書館のホームーページ、bibliotek.kk.dkで、本のタイトルを検索すると、対象年齢や本のあらすじ等もご覧いただけます(デンマーク語のみ)。日本語であらすじ等を調べられる場合は、アマゾンや絵本ナビのホームページからご覧ください。

【コペンハーゲン市以外の図書館にも取り寄せも可能です】
コペンハーゲン中央図書館に直接本を借りに行けない場合は、bibliotek.dkのサイトから本を予約し、お近くの図書館まで届けてもらえるというサービスもありますので、ぜひご利用ください。返却も同じ図書館となります。詳しくはこちらのページをご覧ください。

最近新しく棚に並んだ本

昨年末から今年2月までに、コペンハーゲン中央図書館の本棚に並んだ本のタイトルです。

アンパンマンとまきばのモオさん
トーマスのおきゃくさま
たいけつ!なぞなぞナンジャラまじん
ファインディング・ニモ
トム・ソーヤの冒険
ゆきだるまのえんそく
ちいさいヨット
せんたくかあちゃん
うしろにいるのだあれ のはらのともだち
もうじき一年生

本のタイトルを図書館のホームページで検索する場合、カタカナもローマ字表記で表示されています。例えば、「トーマス」は、”Tomasu”「ファインディング」は”Faindingu”のようになります。ご注意ください。作者名でも検索可能です。どうしても見つけられない場合は、お気軽にえほんのたねまでお尋ねください(メールアドレスが新しくなっていますのでご確認ください)。

【対象年齢、あらすじ等】
コペンハーゲン図書館のホームーページ、bibliotek.kk.dkで、本のタイトルを検索すると、対象年齢や本のあらすじ等もご覧いただけます(デンマーク語のみ)。日本語であらすじ等を調べられる場合は、アマゾンや絵本ナビのホームページからご覧ください。

【コペンハーゲン市以外の図書館にも取り寄せも可能です】
コペンハーゲン中央図書館に直接本を借りに行けない場合は、bibliotek.dkのサイトから本を予約し、お近くの図書館まで届けてもらえるというサービスもありますので、ぜひご利用ください。返却も同じ図書館となります。詳しくはこちらのページをご覧ください。

図書館のHPで、えほんのたねの活動が紹介されました

昨年11月に行った、えほんのたねお誕生日会の様子が、写真付きで図書館のHPで紹介されています!

デンマーク語での記事ですが、内容は、えほんのたねとコペンハーゲン中央図書館との協力がまる2年を迎え、イベントを行ったこと、そして現在、250冊ほどの日本語の絵本・児童書が、図書館で借りられる、というものです。

デンマーク語ですが、ぜひ日本からえほんのたねの活動にご参加いただいている方々にも見ていただきたかったので、こちらでご紹介させていただきました!

こちらからご覧ください

えほんのたねのホームページアドレスが変わりました

ご無沙汰しています。もう2月も半ばになりました。

さてこの度、JAPANORDICが解散することとなり、えほんのたねは活動を続けるために「えほんのたね」として一人立ちすることとなりました。それに伴い、HPアドレスも新しくなりました。

新しいアドレスは、http://ehonnotane.net/ です。

HPの内容に大きな変更はありませんが、今後はご寄贈書のHP上での表示方法をもう少しわかりやすくしたり、新しい活動についても少しずつご報告できたらと思っています。

現在スタッフの多忙により活動が滞りがちなのですが、未だに図書館にお届けできていない本の登録作業等を、できる限り早く進めて行きたいと思っています。引き続きゆっくりペースですが、温かく見守っていただけると幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。

えほんのたねスタッフ

明けましておめでとうございます

デンマークも日本より8時間遅れてですが、新しい年を迎えました。
日本の新年は、除夜の鐘とともに静かに厳かに迎える感じがありますが、デンマークでは各家庭でも花火を打ち上げ、にぎやかに迎えます。
昨夜もたくさんの花火が打ちあがっていました。

どうぞ皆様の新年も素晴らしい年となりますように。
そして去年一年もあたたかい応援をどうもありがとうございました。

本年度は、また少し新しい形の“えほんのたね”となるかもしれませんが、どうぞ今年もよろしくお願い致します。

えほんのたねお誕生日会②

こちらは当日の様子です。
折り紙のテーブルには、このようにたくさんの方々が・・・

2013-11-16 14.40.18

大人たちも子どもたちも、皆さん、真剣です。
ボランティアの方に習いながら、お父さんやお母さん方もお子さんたちと一緒に折っています。

2013-11-16 14.32.07

 

色んな折り紙に挑戦する子どもたち、また何とか最後まで自分で折りたい!とがんばる子どもたちもいました。
作った折り紙は、犬や、サンタさんや、トトロなど・・
できあがると嬉しそうにペンで顔を書いていきます。

 

そしてこちらは、読み聞かせのお部屋です。

2013-11-16 14.10.03

読み聞かせの前に、少しえほんのたねの成り立ちと、この図書館にある日本語の絵本たちがいろんな方々の思いによって贈られたものだということを、お伝えしました。

本当に、贈ってくださった皆さまのお気持ちで、このような会を開くことができたと思っています。

当日は、私たちにとっても初めての試みだったので、いろいろと手探りの中、準備を進めてきました。
反省点もあったりするのですが、まずはこのような会を開くことができたこと、そしてこの会に携わってくださった(寄贈してくれた方々も、会に参加してくれた方々も・・図書館の方、ボランティアの方々も)全ての皆さんに感謝したいと思います。

 

そして先日もお伝えしたように、読み聞かせの後も、絵本を手にとってくださるご家族の方がたくさんいらっしゃいました。
寝る前には、必ず子どもさんたちに日本語の絵本を読むので、こんなに絵本があるのは嬉しいです・・と話してくださったお母さんもいらっしゃいました。
今後も、贈っていただいた“えほんのたね”が、たくさんの子どもたちの手に渡っていくことを願っています。

そして今回の試みが、デンマークの方たちにとっても、日本語の絵本や日本の文化に触れる機会となったらなとも思っています。

 

デンマークにまかれた“えほんのたね”から、今後も色んな花が咲きますように・・・。

 

みなさま、本当にどうもありがとうございました。
感謝いっぱいの素敵なお誕生日会となりました。