利用者登録/本の借り方

ここでは、図書館を利用したことがない方、本の予約の仕方を知りたい方のための情報をご紹介します。

プロセス①
日本語の絵本・児童書を借りたい方で、これまでデンマークの公共図書館を利用したことがない方は、まず、図書館で利用者登録をしてください。これは直接図書館へ出向いてしなくてはいけませんが、簡単な作業です!

【利用者登録の仕方】

デンマークにお住まいの方で図書館の利用者登録をする場合は、

・CPRカード(イエローカード)
・写真付きの身分証明書(パスポートや免許証など)

をお持ちの上、利用したい図書館のカウンターでご登録ください。
登録される際は、返却期限を自動的に知らせてくれるメールサービス、
SMSサービスを登録されると便利です。

デンマーク以外にお住まいで、利用者登録する場合は、

・お住まいの国の住民登録カード(住所付き)
・上記に写真がない場合は、写真付きの身分証明書

をお持ちの上、図書館カウンターでご登録ください。
(日本から旅行中の方は、パスポートのみをご持参の上、
カウンターで登録可能かどうか直接お尋ねください。)

コペンハーゲン近郊(例えばフレデリクスベア市など)に
お住まいで、コペンハーゲン市図書館に利用者登録されたい場合も、
上記の2点をコペンハーゲン市内のいずれかの図書館に
お持ちいただくと、登録が可能です。

 

プロセス②
次にwww.bibliotek.dkでの登録が必要になります。
*下記画像はクリックすると拡大します。

1)bibliotek.dkのサイトを表示

2)”Log ind”をクリック。
image-2

3)ポップアップ画面の”Ny bruger”をクリック
image-3

4) ご自身のメールアドレスと”Kontrolkoden”を記入して”Opret ny bruger”をクリック。
image-4

5) その後、登録メールアドレスにメールが届くので、メールの中のリンク先をクリックする。

6)”kodeord”(パスワード)を決めて、2回記入し、”Gem data”をクリック
image-5

7) ポップアップ画面”Find bibliotek”に、普段利用している図書館名、あるいはお住まいの町の名前/郵便番号を入力 (例えばÅrhusにお住まいの方はÅrhusと入れるといくつか図書館名が上がってきます)しクリック

8)候補が複数でてきた場合は、本を取りに行きたい図書館名を選び、クリック

9)ご自身のCPR Nr.など必要事項を入力。(入力情報は、登録先図書館と同じにしてください)
赤線のPinkodeはご自身の登録先図書館で使用している暗証番号をお書きください。その後”Gem data”をクリック
image-6

以上で登録は完了です。

 

プロセス③
利用者登録が済めば、あとはネット上で予約できます!

1)bibliotek.dk のサイトを表示
(右上Menu欄から英語での表示も可)

2)右上”Login”をクリックし、ポップアップ画面からプロセス②で登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインする。

3)借りたい本のタイトルがわかっている場合は、そのタイトルをローマ字表記*で入力し、検索(例えば「ぐりとぐら」ならGuri to gura と入力)

4)タイトルが表示されたら、それをクリック

5)”Vælg og bestil” をクリック

6)表示の中から”Bestil”をクリックすると、ポップアップ画面が表示されます。

7)ポップアップ画面に、普段利用している図書館名、ご自身の登録情報が上がってくるので、その下の”Bestil”をクリック
*この画面の上記”Har ingen interesse efter”の日付欄については下記注意点2)を参照

8)次の画面で予約内容が確認でき、”send mail”をクリックするとメールアドレスにも予約内容が届きます。

これで予約完了です。

 

上記で選んだ図書館から、本が届いたらメールが届きます。
図書館でSMSサービスに申し込んでいる方は、SMSが届きます。

 

*注意点
1)ローマ字表記は、基本的にはヘボン式を参照していますが、違う場合もあります。複数例を入力して探してみてください。尚、作者名でも検索は可能です。
※ 年齢別蔵書リストのタイトルの横に、タイトルのローマ字表記を追加しました。検索時にぜひご利用ください。

2)予約された段階でその本が貸し出し中の場合は、お手元に届くまでにかなり時間がかかる可能性もあります。「いつまで待てるか」という欄(プロセス③7)のページの一番上”Har ingen interesse efter”で、待てるまでの日付を入力することができます)の期間をあまり短くすると、間に合わずに予約が削除される可能性があります。

3)どんな本があるかについては、えほんのたねホームページ「蔵書リスト(貸出可)」をご覧ください。